ウェブ業界に就労したい人向け【資格・経験・知識】何が必要?

ウェブ業界で働くために必要な資格とは?職種別にまとめました

 

Web業界を目指すには特別な資格が必要だとお考えの方は多いです。実際に、よく質問される項目の一つに「どのような資格や経験が必要ですか」というものがあります。

 

まず、前提として資格というのは、その資格を取るためにどれだけ勉強したのかを示すもののことだと認識しておくことが必要。

 

従って、資格を持っているからと言って、その仕事が出来るのかどうかとは別問題と。

 

しかし述べたように、どれだけ勉強したのかを示すものとなりますので持っておいて損はありません

 

今回はWeb業界に就業したい人向けの【資格やスキル】、【知識や経験】、また【その他で評価されるポイント】をまとめてみました。

 

職種によって求められるものが変わってきますので、【プログラマー】【システムエンジニア】【Webデザイナー】【ゲーム制作】それぞれ職種別にお伝えいたします。

 

プログラマー

 

(1)資格やスキル

 

まず、プログラマーになるために特別な資格はありません。プログラマーとして活躍している人の中には、何も資格を持っていない状況で仕事を始めた人も多くいます

 

携わるプロジェクトによって開発言語や開発環境が違いますので、その都度習得していくという形になっていきます。

 

ここでは基本となる資格を2つ紹介致しますね。

 

・ITパスポート

 

ITパスポートでは、ITを使う側の知識が問われます。そのため持っていることで有利不利はありませんが、資格欄に何も書くものがない場合は書いても良いという程度のものになります。

 

しかし、もしWebでの就業が初めての方でしたら「未経験ですが基礎から勉強しています」というアピールになります。

 

基本情報処理技術者試験

 

「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、【情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験】とのように紹介しています。

 

言語などに関する知識ではなく、情報処理の一般的な知識が問われるものです。Webの経験者で資格欄に何か書きたいということであれば取得してみても良いかもしれません。

 

(2)知識や経験

 

Web業界で使用されている言語は多くありますが、Java、PHP、JavaScript、Ruby、Python辺りを押さえておくと良いです。

 

JavaはOracleの認定資格、PHPはPHP技術者認定試験、RubyはRuby技術者認定試験など言語ごとに資格があります。

 

プロジェクトで使用した言語の資格を取得することは、転職する際に有利にもなります。

 

もちろん実際のプロジェクトで使用していなくとも、趣味で取得するのもありかと思います。

 

私の経験談ですと、Webでの実務経験はほとんどなく未経験でしたが、大学時代に学んだプログラミングが楽しく、趣味でRuby Goldの資格を取った人が面接に来ました。

 

丁度その時に担当していたクライアント先でRubyが使える人材を募集していたため採用になったケースです。

 

(3)その他評価されるポイント

 

プログラマーに関してはこれまでに携わっていたプロジェクトや業務内容も重要になりますが、「技術が好き」という点も評価されます。

 

そのためプライベートの時間で勉強していることは大きく評価される傾向があります。

 

ほかにもプロジェクトでは使ったことがないが、興味があり勉強したといった言語で作成したアプリなども評価になりますので是非アピールしてみてください。

 

システムエンジニア

 

(1)資格、スキル

 

プログラマーと同様に、システムエンジニアになるためにも必要な資格はありません

 

強いて挙げるとすれば、プログラマーのところに記載しました、基本情報技術者のワンランク上の資格がありますのでご紹介いたします。

 

・応用情報技術者試験

 

こちらも国家試験となります。

 

【技術から管理、経営まで幅広い知識と応用が身に付き、システム開発、IT祈願構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮することがきます】

 

このように紹介されています。プログラマーから、システムエンジニアへステップアップされる方は取得をお勧めします。

 

(2)知識、経験

 

プログラマーの仕事は、言語を用いてコーディングを行うことがメインですが、システムエンジニアになりますと業務範囲が広くなります

 

多くの場合にシステム開発だけでなく、設計工程から携わることが多くなります。また更に上流工程に当たるマネジメントに携わることもあります。

 

一般的にはプログラマーの経験を経て、システムエンジニアにステップアップすることが多いですが、大手企業の場合ですと新卒からシステムエンジニアとしてプロジェクトに参加することもあります。

 

その場合、コーディング経験がない状態でプロジェクトに参加しますので、プログラマーの業務内容を知っていく必要があります。上流〜下流工程をすべて経験できるとより良いですよ。

 

(3)その他評価されるポイント

 

技術面の知識が求められることはもちろん、「人材力」も求められます。

 

派遣先で働き始めるとプロパーからの指示を受けたり、また意見を出したりすることも求められてきます。

 

Webデザイナー

 

(1)資格、スキル

 

いわゆるWebページのビジュアル部分を手掛けるデザイナーにも必要な資格はありません。

 

本当にウェブ関係のお仕事は資格が不要なケースが多いです。その分、どれだけ自分で勉強して学んでいるかの勝負にもなるので、努力は欠かせません。

 

スキルとして必要な事は、デザインの基礎として3つ。

 

@色に関する基礎

 

Aレイアウトに関する基礎

 

B文字デザイン

 

これらにに関する基礎は最低限必要です。

 

実務では、Web素材作成の為、illustrator、photoshop、レイアウト、デモ画面、プレゼン資料作成の為、Powerpointの知識が求められます。

 

(2)知識、経験

 

Webサイトの目的に応じて、色使い、フォント、ビジュアルなどを考え、作り出していく必要があります。サイト目的に応じたデザインを行う事で、利用者にサイト目的をわかりやすく伝える事ができます。

 

サイトデザインの出来次第で売り上げやイメージが大きく左右される為、トレンドや最先端技術、他社事例など常にアンテナを高く情報をキャッチしアイデアを生み出せるかが求められます

 

ネットサーフィンなどをしつつ、研究することが苦にならない方は強いです。

 

(3)その他、評価されるポイント

 

基本的なデザインは勿論ですが、デザインをどのような方法で表現するか(ビジュアルメインか記事を読んでもらいたいか)まで考える事ができれば頼もしいです。

 

ディレクターやプログラマーとのコミュニケーションもスムーズになり評価につながります。

 

ゲーム制作

 

最近ではスマートフォン向けのゲームアプリ案件が多くなりました。

 

業務経験がなくとも、自作のアプリを見せることが可能ならアピールになります。また開発だけでなく、UIデザインなどを求められるケースもあります。

 

(1)資格、スキル

 

iphoneはobjective-Cによる開発、AndroidはJavaによる開発となります。

 

Androidの場合はJavaですので、スマホ向けではなくともWebでの使用経験があればその点をアピールできます。

 

(2)知識、経験

 

何かしらの開発言語の知識、またゲーム制作になりますと画面側も重要になりますのでPhotoshopやIllustratorを使用した経験も評価になります。

 

(3)その他、評価されるポイント

 

先にも述べたように、業務経験がなくてもアピールできる職種です。自作のアプリをスマホやタブレットで見せることでアピールになります。

 

その際には実際のアプリだけではなく、どのような理論で作られているものなのかなど、紙ベースでプレゼンできる資料があれば尚良いですね。

 

好きこそものの上手なれ

 

これまでそれぞれの職種について細かく書いてきましたが、どの職種にも共通して求められることがあります。

 

それは「その仕事が好きかどうか」です。

 

例えばこれまでWeb業界での就業経験が20年あり、実力としてはプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーが出来たとしても、コーディングが好きでプログラマーとして働きたいという人もたくさん見てきました。

 

自分のやりたい仕事を行いながら、知識や経験を積んで頂ければと思います。「好きこそものの上手なれ」とは、まさにこのことを指しています。

 

オススメIT求人まとめ〜派遣スタッフさんからの評判も参考にしました〜


ここからは、管理人のスザキが担当したスタッフさんからの口コミを参考にオススメIT求人サイトを紹介します。


数あるIT求人から絞り込んだ4サイトなので、ぜひ転職活動の参考にお使い下さいませ。※順位を付けておりますが、私の印象に残った順にしております。


1位 ギークリー



  • 転職エージェントランキングで1位の実績アリ
  • 派遣、フリーター期間が長くても活躍できる案件も豊富
  • カウンセリングを含めたバックアップ体制が魅力的

ギークリーに関しては、リクルートが行っている転職エージェントランキング調査で満足度1位を取った実績があります。その秘密の裏には、派遣やフリーター期間の長い人材にも、しっかりフォローをしているなど努力が見られるから。


カウンセリングを中心に、一度レールから外れてしまった人材でもバックアップしてくれるため不安が軽減されます


私の派遣会社でも、ギークリーを利用経験されていた方が多く評判は非常に良い印象。気になる求人があれば積極的に相談しに行くといいですよ。


登録はコチラから⇒ギークリー


2位 ワークポート



  • 豊富な求人数
  • 担当者との相性が悪くても変更できる
  • 転職の基本となるIT系の就職セミナーを無料で受けられる

エージェントを利用する以上、担当コンサルタントとは足並みを揃えて仕事を探したいですよね。しかし、話してみても「この担当者は合わない・・」と思う経験もあるかと思います。


そんな時に有利なのがワークポート独自のシステム。と言いますのも、相性が悪かったり別の担当とお話してみたかったりする場合にチェンジしてもらえます。


せっかく登録して就職をしようかと考えているのに、「担当者との相性問題でエージェントから離れるのは勿体ない」というワークポート独自の考えが素晴らしいのひと言です。


登録はコチラから⇒ワークポート


3位 マイナビクリエイター



  • 誰もが耳にしたことのある大手会社が並ぶ
  • ウェブ職、ゲーム業界に圧倒的な強さを誇る
  • クリエイターとして働きたい人向け

同じIT職でも、作業を中心に進めたい方もいれば、クリエイターとして構想を練りながら仕事をしたい方に分かれます。そんな方にはぜひマイナビクリエイターをおすすめします。


マイナビクリエイターならウェブ職をはじめ、ゲーム業界の求人が豊富なのは言うまでもありません。特にスクウェア・エニックスなど、ゲーム事業の総本山とも言える企業との取引があるなど求人ラインナップは目を奪われますね。


少し求められるスキルは高めの傾向がありますが、報酬が良い方がモチベーションに繋がるので後悔しないよう相談はしてみるべきです


登録はこちらから⇒マイナビクリエイター


4位 レバテックキャリア



  • エンジニア・クリエイター専門エージェントならココ
  • 「転職による年収アップ」に重きを置くスタイルゆえに高収入が期待できる
  • 個別相談会にて、今の収入が正当かを判断してもらえる

実はここをオススメするのは、私の勤める派遣から移籍される方が多いからという皮肉な理由からです(苦笑)その理由としては、やはり年収アップが確約されるからというのもあります。


個別相談などもされており、収入の正当性について判断を貰えるのでとりあえず話だけでも聞いてみる人が多いのだとか。実際、安く使われているエンジニアやクリエイターも多く、見込まれてそのまま獲得されるようです。(ウチの派遣事業が格別に給料が安いわけでは無いのですが・・汗)


少し能力的に抜けた人向けなので、もし腕に自信があるなら・・という意味でいちばん下にひっそりランキングさせていただきました。


登録はコチラから⇒レバテックキャリア