ウェブ業界への転職には、人材派遣や求人サイトを使うべき理由

ウェブ業界への転職を有利に運ぶ方法

 

どこで転職をすると有利になるのか?ということを考えられる方も多いと思います。特にウェブ関係は専門職。

 

求職活動をする場所を間違うと、色々と不都合なことが起こりやすいのです。

 

有利に転職を進めるため、【ハローワーク】、【人材派遣会社求人サイト】それぞれの違いをお伝え致します。

 

どれが皆さん自身に合った転職方法なのかをしっかりと見極めてくださいね。

 

(1)応募できる求人の違い

 

ハローワーク

 

ハローワークへ行くと何十台もパソコンが並んでおり、そのパソコンを使用して希望に合う求人を検索することが出来ます。

 

地域別、職種別など検索条件を入力します。希望に合う求人が見つかった時には職員に求人票を提出し、紹介状を書いてもらいます。

 

その上で企業に書類を出す、または面接へ行くなどのフェーズに進みます。

 

このようにハローワークですと公開されているすべての求人に応募することが出来ます。

 

しかし仕事を紹介してもらうことはありませんので、皆さんの力で仕事を探すことが必要になってきます

 

能力的に、どんな環境にも対応できる人には有利ですが、転職に不安を抱えている方などは、探し出すことから大変な思いをされる方もいると思います

 

人材派遣会社・求人サイト運営会社

 

派遣会社へ登録する際には2パターンあります。1つ目は派遣会社のHPより直接応募する「案件指定なし」と呼ばれるパターンです。

 

2つ目は派遣会社が運営しているWebサイトまたは、求人サイトより希望する案件を指定して応募する「案件指定あり」と呼ばれるパターンです。

 

「案件指定あり」の場合でも、ほとんどの場合は応募した案件以外にも他の案件も提案してもらうことが出来ます。

 

転職希望者は派遣会社が持っているすべての案件を知ることはできませんが、キャリアアドバイザーが希望に応じた案件を提案してくれます

 

(2)優良企業かどうかを見極める

 

ハローワーク

 

私は以前に仕事でハローワークの求人にどのようなものが出ているのかを調べる機会がありました。スパイっぽいですが(笑)

 

その中にはいわゆる「カラ求人」(実際には募集していないが広告のために載せているもの)や「常習的に載せているもの」など、優良ではない求人も多数見てきました。

 

常習的の載せているには何かしらの理由があり、多くは会社内部に問題があり人が長続きしないため掲載していることが多いです。

 

これらを転職希望者は自分自身で見極める必要がありますが、それは非常に難しいことです。面接に行ってみないと分からない、または入社してみないと分からないものです。

 

面接段階で分かった場合には辞退することが出来ますが、入社後ですとトラブルになることもありますので注意して下さい。

 

人材派遣会社・求人サイト運営会社

 

ハローワークは無料で掲載できるのに対し、求人サイトに掲載するには料金がかかります。

 

現在は求人サイトも多様化してきており成功報酬型の求人サイトもありますが、ほとんどは人が採用できても採用できなくても料金のかかる掲載料金型の求人サイトです。

 

そのため企業には採用費としてのコストの枠が十分に取られているということになります。

 

コストはかかるがしっかりとお金をかけて人材を集めたいと考えている企業ということになりますので、ハローワークに比べ優良企業が多いと言えます。

 

言い方は悪いですが、自転車操業で経営が危なくてもハローワークに求人を出すことは可能なのが現状です。

 

(3)求人内容に間違いがないかを確かめる

 

ハローワーク

 

実際にハローワークを使って転職した方に話を聞いてみると、求人票に書かれている内容と面接で言われる内容に相違があるという話をよく耳にしました。

 

求人票には残業なしと書かれているが、面接へ行くと「残業はできますか?」と聞かれたり、事実と異なる求人票を作ったりしている企業もあります。

 

こうなった場合にハローワークの場合ですと職員の方は間に入ってやり取りしてくれることはありませんので、自身の責任で辞退するのかほかの転職先を探す必要があります

 

人材派遣会社・求人サイト運営会社

 

ハローワークは掲載したい企業が求人票を作成し、ハローワークに提出に来ます。事実内容の確認はありませんので、そのまま受理されることになります。

 

人材派遣会社の場合は営業担当が企業に対して、どのような人材を求めているかというヒアリングを基に求人票を作成しています。

 

詳細なヒアリングが必要な時には、営業担当だけでなく技術に詳しいシステムエンジニアなどが同席することもあります。

 

そのためミスマッチがおきにくいのです。万が一、仕事を始めてから相違があった場合にも営業担当が間に入ってくれますので安心して仕事を行うことが出来ます。

 

 

これまでの大きく3つの違いを見て頂きました。それぞれの特徴がご理解頂けたのではないかと思います。

 

おそらく多くの方が【人材派遣・求人サイト】を使ってみたいと思ったのではないでしょうか。私自身も転職活動をした際には両方の会社に登録を行っていました。

 

そこでここからは【人材派遣会社・求人サイト運営会社】をおすすめしているポイントのお話もしてみます。

 

『人材派遣会社のおすすめポイント』

 

派遣会社には一度登録をするとこちらから依頼しなくても求人の提案を受けることがあります。

 

複数の派遣会社に登録し、良い求人を紹介しくれた派遣会社と契約を結ぶことが可能というのは大きなメリット。

 

大手の派遣会社ですと取引先も大手企業が多く、求人が出てきやすい傾向にあります。

 

中小の派遣会社では、登録数が大手の派遣会社に比べると少ないため、一人にかけてくれる時間が多いこともあります。

 

派遣会社ですと履歴書や職務経歴書の添削を行っているところもありますので、そのようなサービスを積極的に利用できるのも強みです。

 

自分に合う派遣会社、またキャリアアドバイザーに出会えるかどうかも大切なポイントになります。

 

『求人サイト運営会社のおすすめポイント』

 

求人サイトにもたくさんの種類がありますので、エンジニアやWebデザイナーなど希望している職種が明確な方は、その職種に特化した求人サイトに登録することをお勧め致します。

 

求人サイトによって掲載している企業は異なりますので、複数社に登録することが賢い転職法。

 

私自身も転職活動をしたときに求人サイトを使いましたが、重宝していた機能の一つに「スカウト」というものがありました。

 

これは名前などの個人情報以外の自己PRなどを企業側が見てスカウトをしてくれるというものです。

 

スカウトが来たから必ず採用につながるという保証はありませんが、面接にまではつながることがほとんどです。

 

これまで自分では見つけられなかった企業とも出会えるきっかけになりますので、ぜひ利用してみましょう。

 

オススメIT求人まとめ〜派遣スタッフさんからの評判も参考にしました〜


ここからは、管理人のスザキが担当したスタッフさんからの口コミを参考にオススメIT求人サイトを紹介します。


数あるIT求人から絞り込んだ4サイトなので、ぜひ転職活動の参考にお使い下さいませ。※順位を付けておりますが、私の印象に残った順にしております。


1位 ギークリー



  • 転職エージェントランキングで1位の実績アリ
  • 派遣、フリーター期間が長くても活躍できる案件も豊富
  • カウンセリングを含めたバックアップ体制が魅力的

ギークリーに関しては、リクルートが行っている転職エージェントランキング調査で満足度1位を取った実績があります。その秘密の裏には、派遣やフリーター期間の長い人材にも、しっかりフォローをしているなど努力が見られるから。


カウンセリングを中心に、一度レールから外れてしまった人材でもバックアップしてくれるため不安が軽減されます


私の派遣会社でも、ギークリーを利用経験されていた方が多く評判は非常に良い印象。気になる求人があれば積極的に相談しに行くといいですよ。


登録はコチラから⇒ギークリー


2位 ワークポート



  • 豊富な求人数
  • 担当者との相性が悪くても変更できる
  • 転職の基本となるIT系の就職セミナーを無料で受けられる

エージェントを利用する以上、担当コンサルタントとは足並みを揃えて仕事を探したいですよね。しかし、話してみても「この担当者は合わない・・」と思う経験もあるかと思います。


そんな時に有利なのがワークポート独自のシステム。と言いますのも、相性が悪かったり別の担当とお話してみたかったりする場合にチェンジしてもらえます。


せっかく登録して就職をしようかと考えているのに、「担当者との相性問題でエージェントから離れるのは勿体ない」というワークポート独自の考えが素晴らしいのひと言です。


登録はコチラから⇒ワークポート


3位 マイナビクリエイター



  • 誰もが耳にしたことのある大手会社が並ぶ
  • ウェブ職、ゲーム業界に圧倒的な強さを誇る
  • クリエイターとして働きたい人向け

同じIT職でも、作業を中心に進めたい方もいれば、クリエイターとして構想を練りながら仕事をしたい方に分かれます。そんな方にはぜひマイナビクリエイターをおすすめします。


マイナビクリエイターならウェブ職をはじめ、ゲーム業界の求人が豊富なのは言うまでもありません。特にスクウェア・エニックスなど、ゲーム事業の総本山とも言える企業との取引があるなど求人ラインナップは目を奪われますね。


少し求められるスキルは高めの傾向がありますが、報酬が良い方がモチベーションに繋がるので後悔しないよう相談はしてみるべきです


登録はこちらから⇒マイナビクリエイター


4位 レバテックキャリア



  • エンジニア・クリエイター専門エージェントならココ
  • 「転職による年収アップ」に重きを置くスタイルゆえに高収入が期待できる
  • 個別相談会にて、今の収入が正当かを判断してもらえる

実はここをオススメするのは、私の勤める派遣から移籍される方が多いからという皮肉な理由からです(苦笑)その理由としては、やはり年収アップが確約されるからというのもあります。


個別相談などもされており、収入の正当性について判断を貰えるのでとりあえず話だけでも聞いてみる人が多いのだとか。実際、安く使われているエンジニアやクリエイターも多く、見込まれてそのまま獲得されるようです。(ウチの派遣事業が格別に給料が安いわけでは無いのですが・・汗)


少し能力的に抜けた人向けなので、もし腕に自信があるなら・・という意味でいちばん下にひっそりランキングさせていただきました。


登録はコチラから⇒レバテックキャリア