ウェブ業界への転職法 | 元派遣営業でアドバイザーが教えます!

ウェブ業界に転職するには、3つのポイント押さえておけば大丈夫!

 

 

ウェブ業界に転職したいけど、何から手をつけるべきか

 

こんにちは。私は、元ウェブ派遣キャリアアドバイザーを行っていたスザキと申します。(自己紹介はこちら)

 

仕事柄、冒頭に挙げた、ウェブ業界への転職に悩まれている方を多く見てきました。当サイトは、そういった転職に悩まれている方のアシストを行う目的で作りました。

 

ポイントはたったの3つです。これから述べることを押さえておけば、転職は必ず上手く行くと元キャリアアドバイザーとして言い切れます。

 

大事な要素ではありますが、基礎的なことなのでまとめておきました。

 

@ キャリアアドバイザー、コンサルタントはつけた方が良い

 

 

まず、基本中の基本ですが、ウェブ業界での転職にはキャリアアドバイザーやコンサルタントなどを使うべきです。

 

理由としては、私がウェブ業界へのアドバイザーを行っていた際に、「派遣を通してよかった」という声をよく聞いたからです。

 

転職を考えられて、ここを読まれている方なのでお分かり頂けるかと思うのですが、どうしても個人と企業の契約は企業有利になりがち

 

会社から命じられた通りに働いていると、サービス残業などにどっぷり浸かっていたという人も少なくありません。定時なんてまるで関係なし。

 

また、トラブルがあった際にも、「じぶんから会社に文句を言うと角が立つ」ということで泣き寝入りにあった人もいらっしゃいます。

 

そういった問題が起こらないように、派遣や人材コンサルタント会社を通して、担当者をつけるべきなのです。代理人となって、転職のサポートをしてくれますから。

 

(ウェブ業界への転職には、人材派遣会社を使うべき理由)

 

A 常にスキル磨きを怠らないこと

 

 

ウェブ業界は日進月歩で成長しています。私自身も少しウェブ関係のコードやプログラミングをかじっていますが、勉強したものが古くなっているということも多々あります。

 

常にスキルを磨き、向上心を持って働くことで、こういった問題にもドンドン対処できるようになるんですね。

 

スキル磨きを推奨しているのは、多様性のあるウェブ業界において必須項目だからです。

 

少しスキルが違うだけで、求められる人材像にフィットすることはもちろん、収入に直結するほど重要なこと

 

一般的に、「転職すると少し給料が下がったところからスタートしなければいけない」と転職をためらう人がいますよね。でも、ウェブ業界の転職はまるで逆なのです。

 

つまり、転職することで、いきなり収入を大幅にアップさせることもできるということ

 

能力の査定などによって、100万円くらい一気に年収をアップさせた人も担当したことがあります。

 

「お金がすべて」ではありませんが、働くことで収入をアップさせたいのは誰もが同じです。

 

当サイトでは、転職のコツはもちろん、どういった人材が収入をアップさせるかなどもまとめてあるので、合わせてご覧くださいませ。

 

(収入をアップさせる人材とは)

 

B 良質な求人サービスを通すこと(オススメはWEB派遣)

 

 

良い転職をしようと思えば、当然ですが良質な求人を引き当てる必要があります。といっても、莫大な求人からじぶんにマッチした職場、報酬を狙うのは骨が折れます。

 

例えば、「求人情報をチェックして応募。採用されて働いてみたけど思ったような会社と違った」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こうなると「思ったより報酬が上がらないので不満」といった悩みを抱えることに繋がりかねません。

 

そういったことが無いように、良質な求人サービスを通す必要があるのです。私が派遣アドバイザーをやっていたこともありますが、派遣会社を通すのはおすすめです。

 

先ほど述べた、アドバイザーが担当につくことで転職における条件交渉などを行ってくれるからです

 

また、専門のウェブ派遣会社を通せば、良質な求人も多く集まっていることがわかります。ウェブ界隈は、専門技術者の集まりです。

 

そういった専門派遣を扱う求人業者を使いたくなるが、ウェブ業界の風習なのです。

 

私は、担当していたスタッフさんから他社の話を聞くなど、一般の方よりはウェブ業界の求人に強いという自負があります

 

そのため、安心してお読みいただければと思います。当サイトは、おすすめ派遣会社の解説もしてあるので、ぜひ参考にして下さいませ。

 

オススメIT求人まとめ〜派遣スタッフさんからの評判も参考にしました〜


ここからは、管理人のスザキが担当したスタッフさんからの口コミを参考にオススメIT求人サイトを紹介します。


数あるIT求人から絞り込んだ4サイトなので、ぜひ転職活動の参考にお使い下さいませ。※順位を付けておりますが、私の印象に残った順にしております。


1位 ギークリー



  • 転職エージェントランキングで1位の実績アリ
  • 派遣、フリーター期間が長くても活躍できる案件も豊富
  • カウンセリングを含めたバックアップ体制が魅力的

ギークリーに関しては、リクルートが行っている転職エージェントランキング調査で満足度1位を取った実績があります。その秘密の裏には、派遣やフリーター期間の長い人材にも、しっかりフォローをしているなど努力が見られるから。


カウンセリングを中心に、一度レールから外れてしまった人材でもバックアップしてくれるため不安が軽減されます


私の派遣会社でも、ギークリーを利用経験されていた方が多く評判は非常に良い印象。気になる求人があれば積極的に相談しに行くといいですよ。


登録はコチラから⇒ギークリー


2位 ワークポート



  • 豊富な求人数
  • 担当者との相性が悪くても変更できる
  • 転職の基本となるIT系の就職セミナーを無料で受けられる

エージェントを利用する以上、担当コンサルタントとは足並みを揃えて仕事を探したいですよね。しかし、話してみても「この担当者は合わない・・」と思う経験もあるかと思います。


そんな時に有利なのがワークポート独自のシステム。と言いますのも、相性が悪かったり別の担当とお話してみたかったりする場合にチェンジしてもらえます。


せっかく登録して就職をしようかと考えているのに、「担当者との相性問題でエージェントから離れるのは勿体ない」というワークポート独自の考えが素晴らしいのひと言です。


登録はコチラから⇒ワークポート


3位 マイナビクリエイター



  • 誰もが耳にしたことのある大手会社が並ぶ
  • ウェブ職、ゲーム業界に圧倒的な強さを誇る
  • クリエイターとして働きたい人向け

同じIT職でも、作業を中心に進めたい方もいれば、クリエイターとして構想を練りながら仕事をしたい方に分かれます。そんな方にはぜひマイナビクリエイターをおすすめします。


マイナビクリエイターならウェブ職をはじめ、ゲーム業界の求人が豊富なのは言うまでもありません。特にスクウェア・エニックスなど、ゲーム事業の総本山とも言える企業との取引があるなど求人ラインナップは目を奪われますね。


少し求められるスキルは高めの傾向がありますが、報酬が良い方がモチベーションに繋がるので後悔しないよう相談はしてみるべきです


登録はこちらから⇒マイナビクリエイター


4位 レバテックキャリア



  • エンジニア・クリエイター専門エージェントならココ
  • 「転職による年収アップ」に重きを置くスタイルゆえに高収入が期待できる
  • 個別相談会にて、今の収入が正当かを判断してもらえる

実はここをオススメするのは、私の勤める派遣から移籍される方が多いからという皮肉な理由からです(苦笑)その理由としては、やはり年収アップが確約されるからというのもあります。


個別相談などもされており、収入の正当性について判断を貰えるのでとりあえず話だけでも聞いてみる人が多いのだとか。実際、安く使われているエンジニアやクリエイターも多く、見込まれてそのまま獲得されるようです。(ウチの派遣事業が格別に給料が安いわけでは無いのですが・・汗)


少し能力的に抜けた人向けなので、もし腕に自信があるなら・・という意味でいちばん下にひっそりランキングさせていただきました。


登録はコチラから⇒レバテックキャリア